トップページ協会概要 > 求人情報

求人情報

現在、外国人技能実習制度で来日して農業技術を学ぶ実習生の支援を中心とした業務に携わる人材を募集しています!

履歴書及び職務経歴書(証明写真添付必須)を令和4年3月18日必着で下記メールアドレス宛に応募して下さい。

【応募書類送付先】
soumu@jaec.org

書類選考の結果については、合否に関わらず1週間程度でご連絡いたします。 面接は3月中を予定しています。

なお、面接は対面で行うことを予定していますが、新型コロナウイルス感染症の状況に応じてZoomによるリモート面接となる場合があります。
※送付された書類は採用に関する目的のみに使用し、選考終了後に責任をもって処分します。応募書類は返却いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

雇用形態
正職員
仕事内容
技能実習生の来日から帰国までのサポート(技能実習生の管理、指導・サポート等巡回業務、技能検定手続等)、技能実習生受入農家への定期巡回、監理、臨時監査、OTIT、入国管理局への各種申請書類作成 等
必要な条件
パソコンでの業務が支障なく行えること(Word、Excel、Power Pointの基本操作等)
英語力(日常会話やEmailでのやり取りが出来る事)
タガログ語、タイ語など第2外国語の基礎があれば尚可
*外国人技能実習生制度に係る実務経験者優遇。
雇用待遇
【月給】20万円~ ※経験・能力を考慮し決定する
【昇給】年1回
【賞与】年2回
【平均労働日数】20日/月
【就業時間】始業~終業  9:30-17:30
      休憩    12:30-13:30
【休日】  土曜、日曜、祝日、夏季休暇(3日)、年末年始
【休日労働】有 ※振替休日取得
雇用待遇手当
交通費、その他手当有
雇用待遇 福利厚生
各種社会保険完備、定期健康診断、退職金制度
求める人材の特性とその理由
業務は多岐にわたり、様々な作業に携わることになります。技能実習生が来日してから帰国するまで様々な書類や手続きが必要となります。そのため正確かつ迅速に処理する能力が求められます。
技能実習生や技能実習生受入農家など様々な人と係る業務が多いため、コミュニケーション力が必要となります。また、人を相手にする仕事であるため想定しないことも起こります。そういった状況に柔軟かつ臨機応変に対応できる方、積極的かつ主体的に行動できる方を求めています。
本会特徴
私たちは、公益社団法人として日本政府、一般企業、団体等から補助金等の助成を受けながら、長期の海外農業研修による日本人農業青年の育成事業、海外諸国の農業者育成を目的とした欧米諸国や発展途上国からの農業研修生や技能実習生の受入事業を行う他、途上国の農業振興のための海外農村開発支援事業などを行っています。
会社が目指している事(ビジネスプラン、社会貢献、達成目標など)
私たちは、国内外の次代を担う青年農業者が海外や日本での農業研修を通じて身に付けた農業技術と知識、国際感覚や言語、逞しい実践力を生かして農業に取り組むことによる農業振興、そして、彼らが地域のリーダーとなって次の世代の農業者を育成していくことを目指すとともに、農業を通じた社会貢献、農業者レベルにおける国際親善を通して世界平和に寄与することを目的としています。
地域や他会社、他産業との関わり
全国の農村地域、農業社会、諸外国政府や関係農業機関等との関りあり。
↑ページ上部へ移動
© 公益社団法人 国際農業者交流協会(The Japan Agricultural Exchange Council) All Rights Reserved.